第二次世界大戦後期にアメリカ陸軍航空軍のドイツ本土爆撃作戦が決行されたとき、ドイツ空軍では重戦闘機で迎撃を試みたが、軽快に動き回る護衛機に苦戦をしいられていた。

この事から高速戦闘機の必要性が見直され、既にメッサーシュミットが生産を開始し、始めたジェット戦闘機Me 262が注目された。しかし、生産面で短時間に大量生産することが難しいと考えられ、短時間で量産できる軽戦闘機開発計画が新たに始まった。

この計画に対し、以前から同じ思想で開発を進めていたハインケル社の「P.1073」が採用され、通常であれば「He 500」と名付けられるところを、連合軍を欺く為に設計番号に「8-162」が使われ、後に「He162」となった。

He162Dは音速以上の速度にて機動性を保つ為に前進翼を採用した派生機だが、前進翼の問題点である高速時の異常振動に耐えうる素材が開発されていないため、実際には計画段階から先に進む事は無かった。

 

  • ステータス
  • ハインケル He162D
改造16段階(要求Lv134)での性能:武器スロット 8 爆弾 3
  • 速度
  • 機動性
  • 攻撃力
  • 防御力
  • エンジン温度
  • (11)
  • (11)
  • (8)
  • (7)
  • (11)
  • 上昇速度
  • 下降速度
  • 高高度能力
  • 中高度能力
  • 低高度能力
  • 後方機銃
  • (7)
  • (7) ()
  • 速度+10%
  • 速度+5%
  • 機動力+10%
  • 0
備考欄

ガチャ内容

・ハインケル He162D(重複当選なし)

※さまざまな改造段階が当選します!

・アイテム保護剤1個
・装備強化設計図2個

・気力回復 8個、10個、15個

※スカイガチャは、いずれかのアイテムが当選するものとなっております。

 

※複数のプレミアム機体を所持されている場合、ページの下部に表示される場合がありますので、

ファクトリープレミアムページをスクロールしてご確認ください。